自己の内面についてたまに考える事、または映画『JOKER』

こんにちは。心理相談室LAUNDRYの村本です。

気がつけば2019もあと一日です。
全く一年が過ぎるのは早いものです。

今年の冬は一段と寒い気がしますが気のせいでしょうか。

お風呂にお酒をコップ一杯ほど入れると身体がとても温まります。
お酒を飲まない僕でも大丈夫です。

今年見た映画の中で一番印象深かったのは「JOKER」です。
ご覧になった方も多いのではないでしょうか。

冒頭、主人公は低所得者向けのカウンセリングを受けているところから物語は始まります。
そして、病院で再びカウンセリングを受けているところで映画は終わります。

ホアキン・フェニックスの演技は神がかっていて全編通して目が離せません。
これほどまでに心を鷲掴みにされた演技を見るのはいつ以来か・・・。

主人公の話す内面は、実はすべて妄想ではないか・・との推測も各誌で出ていますが、答えがひとつではなく
見る人に委ねられているのは名画の証です。

映画内のカウンセラーはホアキン扮するアーサーの話を聴いているようで、あまり聴いていないことが伝わってきます。

聴いていない事は伝わる、と思わず身を固くしました。

人は自己の内面を語るとき、分かっている事を話すだけでなく
分かっていない事をも話します。

話しているうちに気づく事もありますし、後々気づく事もあります。

考えている事をノートに(PCにスマホに)メモする事も整理するのに役立ちます。
頭に思うだけでなく声にしたり文章にするのは大切です。

僕もいまこうして書きながら考えています。
書いていて別の事に考えが向かうこともあります。

例えばいま。
僕は『村上春樹、河合隼雄に会いにいく』という本が読みたくて仕方なくなっています。
ベッドに入る時また読みながら寝ようか、それともAmazonプライムで映画を見ようかと。

今年最後に見る映画は何がいいでしょう。新作か馴染みの旧作か。

『JOKER』・・一年くらい経ったらまた是非見たい映画です。

ピカレスク・ロマンというヒーローものにはないカタルシスは、人の内面に深く関わっていくテーマです。

とにかく、一年が終わります。
明日でいいことも悪いこともリセットです。

そして2020が、始まります。
元旦という節目があるのは、この国のいいところでもあります。

みなさま、よいお年をお迎え下さい。

バビロン再訪

こんにちは。LAUNDRY 心理カウンセラー村本大志です。

このところ寒さの厳しさが一段と増してきました。

夜より夕方の方が何故か寒く感じることがあるから不思議です。

先日、山形へ初めて行ってきました。

とある大学のお手伝いで呼ばれたのですが、大学はとても綺麗でセンスがよく
こんなところでモノ作りを学べるのは羨ましいなぁと思いました。

昼間は暖かかったのですが、夕方からぐっと冷え込み、小雨が雪に変わる頃には
これが雪国か・・という寒さです。
夜になって一段と降り出した雪はさらに強くなります。

冬花火、というものに出会いました。

雪と花火はミスマッチのようで、とても美しく寒いのですが見とれてしまいました。

東京の寒さなど、まだまだですね。

最近、急にフィッツジェラルドが読み返したくなり
寝る前に短編やエッセイをひとつづつ読んでいます。

中でも好きな短編が『バビロン再訪』です。

とても哀しくやるせない内容ですが、一方とても美しいのです。

フィッジェラルドにはゼルダという心を病んだ妻がいました。

うまくいっていた人生がほころび始め、やがてほころんで行く実人生と
作家人生(小説世界)がリンクし始めます。

その哀しみを流麗な文体で昇華させていくフィッツジェラルドは、やはり優れた作家なんだなぁと
深夜こっそり感激しています。

寒い夜にはしんみりし過ぎるきらいはありますが
是非、お読みくださるといい読書時間が得られると思います。

昼間が暖かいとなると、今夜も冷え込みそうです。

皆さま暖かくしてお出かけください。

あけましておめでとうございます/CAROL

あけましておめでとうございます。

心理相談室LAUNDRYカウンセラー 村本大志です。

今年もどうぞよろしくお願い致します。

お正月の三が日はよく晴れて、昼間は暖かい日差しに包まれました。

皆さまいかがお過ごしでしょうか。

今日から仕事始めの方も多くいられると思います。

ご苦労様です。

『CAROL』という映画をご覧になりましたでしょうか。
とても美しい映画です。

ワンカット目の長いワンシーンでゆったりと映画的なものへと誘われ、あとは物語に身を委ねるばかり。
名匠トッド・ヘインズ監督の腕が冴え渡る作品です。

主演のふたりケイト・ブランシェットとルーニー・マーラの抑制の効いた演技も素晴らしいですが、何より隅々まで行き届いた豊かな画面作りにため息が出ます。

美術も衣装も撮影も全てが美しい。1950年代のニューヨークを可能な限り再現しています。

これぞ映画です。

「自分がわかってる?」
「わかってないわ」

ある問いかけにキャロルはこう応えます。

「心に従って生きなければ、人生は無意味よ」

キャロルの劇中で投げ出されるひと言は心を打ちます。

なぜなら心に従って生きることは、とても難しいことです。

そもそも、心に従って・・という心の声に自らが常に問いかけなくてはなりません。

そんなこと、毎日思い詰めていたら疲れてしまいます。

でも、たまには考えた方がいいかもしれません。

矛盾してるようですが・・。

もし、この映画を未見であれば、そんなことを自分に問いかけるいい機会になるかもしれません。

とても美しくて儚い女性同士の愛の映画です。

皆さまにとりまして、今年が良い年でありますように。

謹賀新年 LAUNDRY 村本大志

よいお年をお迎えください

こんばんは。心理相談室LAUNDRY カウンセラーの村本大志です。

日に日に寒さが増してきました。
年末の慌ただしい日々をお過ごしのことと思います。

風邪など引かれていないでしょうか・・。

僕は数日前から風邪で寝込んでいます。

今日から少し起き出しましたが・・。

油断していたわけではないのですが、年末に大きな出来事があり

それに全力を傾けていた反動のせいかも知れません。

訪問してのカウンセリングは、クライアント様の慣れた環境下で行われることもあり

心を開きやすいのが特徴です。

その中で、大きく心が動くこともあるのだなと改めて思います。

プラスにせよマイナスにせよ、心が動くことが肝心です。

冬は動植物の生命力が弱くなるそうです。

ですので心が弱っていると、冬の寒さに負けてしまいそうになるのです。

そのことを自覚的に覚えていると少し気が楽になるかもしれません。

冬のせい・・ばかりにしては冬がかわいそうですが

案外、この寒さの後にはいいことが待っているかも、と

のんびり構えるのがいいのかもしれませんね。

ともかく、寒い日が続くことは間違いないので

暖かくしてお過ごしください。

来年が皆さまにとって、素敵な1年になりますよう

お祈りしています。

良いお年をお迎えください。

木枯らしの夜に

こんにちは。心理相談室Laundryカウンセラーの村本大志です。

木枯らしが吹いてきましたね。

僕は数年前からダウンジャケットを着ないことにしました。

あまり意味はないのですが、なんとなくダウンって頼りっぱなしになってしまうんです。

それでセーターにコートにマフラーに手袋にしました。

寒くないことはありません。

寒いです。

でもいいやと思っています。

もちろん北国じゃないから、そんな格好でいられるのでしょうけど・・。

寒い夜は白湯を飲んでみたりすることがあります。

薬缶から湯気が出てきて、それを手拭で掴み、湯のみに注いでから少しづつ飲みます。

胃の中に暖かいものが流れて行き、ほっとします。

お茶でも珈琲でもいいのですが、夜は白湯がなんかしっくりくる。

最近はキース・ジャレットの「TOKYO SOLO」を聴きながら白湯を飲みつつぼんやりしています。

冬の夜には静寂が似合います。

木枯らしの音も似合います。

そうして静かに少しづつ春が来るのを待っています。

もし、いま、とても寒いなら

白湯を飲んでみてください。

はっとするほど美味しく感じられる夜があります。

冬の足音

こんにちは。心理相談室Laundryカウンセラーの村本大志です。

毎日寒いですね・・。
今年は秋がほとんどなかったような気がします。

いきなり木枯らしとは参ります。

近所の羽根木公園を犬とよく散歩するのですが
夜だと手が冷たくて手袋をしないといられません。

僕の好きな作家の向田邦子さんのエッセイに、お気に入りの手袋を片方失くす話があります。
お気に入りだけに他のもので間に合わせることも意固地になってせず、結局、手袋も見つからず・・
といった内容なのですが、とても味わい深い一遍です。

失くした片方の手袋

見つからない片方の手袋

大事な代わりが効かない手袋

誰しもがありそうな気がします。

僕にも実はあります。

冬はそういうものをじっくり探すには実に適している、と僕は思っています。

冬の夢

こんにちは。心理相談室LAUNDRY カウンセラーの村本大志です。

毎日、寒いですね。

昨日は東京にも雪が降りました。
だんだん強くなり、このまま振り続けるのかと錯覚しましたが、いつのまにか夕方には止んでいました。

雪は屋根を白くして、木々を白くして、視界も白くしていました。

たまには雪もいいなと思います。

夜、街に出ると冷たい風がコートを突き刺し、凍えるようでした。

冬は気持ちが塞ぐ方も多いかと思います。

何と言っても寒いですから。

冬に見る夢は、小さなものが似合う気がします。

こうなったらいいなぁと思っていることに、必要な小さな小さな一歩。

そんなことから始めるには、空気がキリッと冷えている冬の朝は、とても相応しいと思います。

週末、もしお時間があれば、冬の朝に外をのんびり歩いてみて下さい。

冷たい空気を肺の中に吸い込んでみて下さい。
吐き出す吐息は白いと思います。

でも、自分がどれくらい呼吸しているか可視化できるのっていいと思うのです。

こころが動くとき。

こんにちは。
心理相談室LAUNDRYカウンセラーの村本大志です。

まだ梅雨明けしていないのでしょうか。
今日は蒸し暑くて、歩いていてふらふらしました。

皆さん体調は崩されていませんか?

水分補給を小まめになさってくださいね。

私事になりますが、7月の上旬から一週間位、なかなかハードな日々を送っておりました。
しかしながら、毎日刺激と感激があり肉体的には疲れていましたが精神的には充実していました。

感激することは、心が動くことです。
心が動くと、とてもいい波動が身体の中を巡ります。

医学的なメカニズムや文脈でも、それは解説できることなのかもしれませんが
僕はあまりそれに捉われずに考えることにしています。

ですので、身体は本当に疲れていたけれど
心地よい疲れだった、と言っていいかもしれません。

ただしこれも過ぎたるは及ばざるがごとしなのは言うまでもありません。

心が動かないと、身体は疲れていなくても重くなります。
重くなるとますます心が動かなくなります。

なんていうか回路みたいなものがうまく働かなくなってしまうのですね。

ですから心を動かすことはとても重要です。

自然の中に身を置くことも
音楽を浴びるように聴くことも
映画や演劇を見ることも
歌を唄うことも

なんでもいいと思います。

わずかでも心を美的に動かすこと
それが身体を動かす秘訣かも知れません。

そう、できなかったことができるようになると
人は自信を持っていい表情をするんだな・・と思う出来事が多々あります。

そういう瞬間に立ち会えたとき
僕はとても心が動きます。

とても嬉しい瞬間です。

約束を破る人って本当に腹立たしいけれど

こんにちは。
心理相談室 LAUNDLY カウンセラーの村本大志です。

ところで、身の回りに約束を破る人っていらっしゃいますか?
それを味わうとすごくがっかりしますよね。僕はごくたまに出会います。

ずいぶん前に約束して、それを前提にして物事を進めていて、いざその事が近くなると果たせない事がわかってくる。

文句を言うと、あの手この手の言い訳を始める。一応謝る素振りはするのですが、あとでこっそり自分のせいではないことを耳打ちしてきます。

まったくやれやれです。

もちろん、僕も腹を立てます。

やがて対処法を考えて、それを何とかしようとします。何とかしないと物事が立ち行かなくなるし、仕方ないからそうするだけなのですが、そうすればするほど腹が立つ。

問題は約束を破った人にあるわけで、自分にあるわけじゃないからです。

約束を破る側にも何らかの理由があるのでしょうけれど、ここでは約束を破られた方の気持ちの整理の仕方を探ります。

「 腹は立って当然だし、相手を糾弾して謝罪させたい 」

これはもう約束を破られた方の権利みたいなものです。しかし、実際そうしてみたところで問題は何も解決しません。

残念な事に。

もちろん、ポーズとして怒ること文句を言うことが必要な場合も必要な立場もあります。
特に他の皆に成り代わって言わなきゃならないなんて時は多々あります。
それはそれとして儀式みたいなものですから、なさってもいいと思います。

「 問題をどうしたらよいかと自分の気持ちをどう整理したらよいかに気持ちを配る 」

やはり、これがベターです。約束を破られたからといって、それで物事や関係性が終わるならいいのですが、そうでないなら、どうしたって解決策を見つけなければならないし、その時に一番邪魔なのが、自分の中の腹が立った気持ちなのです。

その時々の様々なトラブルにはそれぞれ専門的な解決策があることと思います。
ですので、どんな方にも共通した腹が立った気持ちをどうコントロールするかについて考えたいと思います。

一番大切なのは、相手を責めないことです。

相手がまともな人なら、あなたが文句を言う前に反省しているからです。もう二度と同じ轍は踏まない可能性が高い人だからです。

そういう人には、メールなり対面した時に、糾弾ではなく、約束が破られて自分がどんな気持ちになったのか、だけ伝えましょう。

後で必ず効いてくるメッセージの伝え方です。
あなたが怒っていることや残念に思っていることはちゃんと伝わります。

相手がまともでない、あるいは鈍い人なら、それは言ったところで効果も限定的で、というよりあまり効果もなく、またどこかでその人は繰り返すのです。

我々は約束を破られたことに怒っているし、相手は約束を破ってしまった理由や言い訳を探しています。

ですので、大変難しいことではありますが、諦めて善処するしかないのです。

その事であなたは時間も無駄にするし、手間もかかる。苦労もするはずです。

そして、そのお陰でいつしかあなた自身は約束を破らない人になっていくのです。

逆説的ですが、約束を破らない人って他人に思われる事は、何事にも変えられないです。

約束を破られた事があればあるほど、自分はそうならない人に進化していける。

そう思ってみてはいかがでしょう。

まぁ、そうでも思わないとやってられないんだな・・とでも苦笑いして頂ければ幸いです。

でも、『 約束を破らない人 』になるって
とても素敵な人になるってことと同義語だと思うんです。

ストレイ シープ/ヒポクラテスたち

こんにちは。
心理相談室 LAUNDRY カウンセラーの村本大志です。

今日は曇り空の日曜日。
いかがお過ごしでしょうか。

先日、情報番組で偏頭痛の専門医が
この時期にスイカを食べるといいとお話しされていました。
利尿作用がいいらしい。
それと午後三時に微糖の珈琲を飲むのもいいと。

簡単にできるので心がけてみようと思います。

缶コーヒーは嫌いなので
普通の珈琲にいつもは入れない砂糖を入れてみます。

太らないといいけど・・。

大森一樹さんという映画監督がいます。
お医者様の資格もお持ちという珍しい監督なのですが80年代に(僕的には)名作を連発していました。
中でも僕が数年おきに見返しているのが『ヒポクラテスたち』という医学生たちの研修中の姿を青春偶像劇に仕立てた映画で、いつ見ても傑作だなぁ・・と思います。

脚本や配役もいいのですが、そこに醸し出される社会に出る寸前の若者たちの葛藤が普遍的です。

題材がたまたま医学生というだけで他のどの職業にも通じるためらいと不安と意気込みがあり、これから長く続く人生への恐れと希望が描かれています。

時代のせいか、多少の諦観があり、それもまた映画の背景になっています。
終わってしまった70年代と始まったばかりの80年代の気分が映画の匂いとなっているのです。

2000年を最後にそういうくっきりとした気分の変化みたいなものはなくなっているような気がするのですが、それは僕が年を重ねたせいなのか、そうでもないのか、よくわかりません。

まぁ、とにかく『ヒポクラテスたち』に出てくる若者は皆、迷っています。
夏目漱石が書いたように見事に<ストレイ・シープ>です。
まるで迷っているのが若者の特権であると言っているかの様です。

映画の中で迷うのは若者の特権であり、出て来る大人たちは(医者が多い)迷ってはいません。
目の前の患者さんに確信を持って淡々と向き合っています。

今、見ると若い頃に見た感想とはかなり違います。

つまり、現代では迷っている期間が圧倒的に長くなったのです。
いつまで迷えばいいのか、いつになったら人生の落としどころが見つかるのか
それが分からずに苦しみ、悩み続けるのが現代なのかもしれません。

通過儀礼を失くした我々の日常は
膨大な情報とめまぐるしいスピードで過ぎる日々の中
自分自身でイニシエーションを作り、自分自身で生き方を見つけなくてはなりません。

あるべきカタチがなくなったのです。

型がないということは大変不安なものです。
もちろん型に縛られることもない自由もあります。

僕たちは自分で大人にならなくてはいけない。
それは以前より大変なことです。
葛藤や逡巡や反発や・・その他諸々の若者らしい感情は一巡りさせた上で
自分たちで階段を上らなくてはならないのです。

大変なことだと思います。

迷ったとき、それは考えるチャンスです。
自分の人生を考え、実行していくチャンスです。

もやもやとした感情が胸の中にあるときこそ
それを言葉にして具体的に整理していきましょう。

いつでもお手伝いさせてください。